特許法の問題点と解決策

特許法の問題点と解決策

法律 問題点

特許法の問題点と解決策

 人類の歴史は、発明の歴史といっても過言ではありません。
人間は、その知性によって、自分達の生活環境を便利にしてきました。
便利な道具の発明もそうですし、言語など人間の根幹に関わるものも、発展させてきたのです。
発明は、人類の発展にとって、なくてはならないものなのです。
 その発明を促進させる法律として、日本には特許法があります。
特許法によって、産業の発達のために、「発明者の保護」と「発明成果の公表」がなされます。
この特許法が額面どおりに運用されたのでしたら、発明が活発になり、国の産業競争力が強くなっていくでしょう。
しかし残念ながら、十分に成果を上げているとはいえません。
特許法には、重大な問題点があるのです。
 その問題点とは、「発明者」と「利用者」の力関係が十分に考慮されていないことです。
その結果、発明者が特許を出願しても、その特許は利用されず、公開された情報によって、類似物が新たに特許登録されるのです。
その結果、多くの発明者の誕生の機会が失われています。
その問題点を解決するためには、きちんと発明者と利用者の力関係に配慮して、特許法が運用されるように整備すべきです。
そうしなければ、後ろ盾の大きな人ぐらいしか、特許を積極的に出願することがなくなるでしょう。
 

カシマ

北欧家具で憧れの生活空間へ

電線ドラム

CASA HILS

銀屏風

最新投稿

お知らせ

一覧

法律における問題点は、柔軟性の欠如でもあります

日本の法律の問題点について

法律の問題などについて

法律の問題などについて